顔の手入れ
`

肌が白く美しい女性になる

医療

美容整形で白い肌にできる

昔から色白は七難を隠すといわれていますが、白く美しい肌はそれだけ魅力的だということです。最近は美容整形で美白コースというのが用意されていて、それを利用する女性が増えています。クリニックによって美白整形のやり方は違ってきますが、最もポピュラーな方法がレーザーによる治療です。治療時間は15分ほどで2週間を目安に通院することになります。痲酔も使用しないので治療自体に痛みはないのです。ただし治療後に多少の赤みが出ることがありますが、数時間で治まります。入院の必要がなく、治療後のメイクも可能なので人気のある美白治療法です。レーザー美白を行った場合は一時的に肌が乾燥状態になるので、充分に保湿ケアすることが大事です。また美白点滴という治療法もあります。これは高濃度ビタミンなどの有効成分を1回20cc の点滴で体内に送り込む方法です。肌のコンディションを整えることができ、身体の中から透き通るような白い肌にすることができます。この治療法で効果があるのはシミやそばかすを薄くしたい場合、肝斑を改善したい人などです。その他にもクリニックによって独自の美白治療を行っているところがありますから、自分に合ったところを選ぶようにします。

紫外線対策と睡眠が大事

整形治療によって美白にすることはできますが、普段の生活の中で工夫するだけでもそれなりに効果が出せます。特に日常生活で注意が必要なのが、紫外線です。晴れた日だけ気をつければいいと考えている人がいますが、実は曇りの日にも紫外線は降り注いでいます。家の中でも窓際などには射し込みますから、常に注意が必要です。外出する時には日焼け止め対策をすると、肌を守ることができます。また良い睡眠をたっぷりとることも美白効果を高めるのに役立ちます。睡眠不足は美白にとって大敵なのです。特に夜の10時から深夜の2時の間にしっかりと睡眠を取ると、肌のターンオーバーがスムーズに行われて肌を回復させることができます。反対にこの時間帯に起きていると、ターンオーバーがうまくいかずに肌荒れの原因になり、古い角質が黒ずんだりします。肌は乾燥すると角質が硬くなる性質があるので、保湿がとても重要になります。美白に限らず常に保湿を心がけ、スキンケアをきちんと行うことが必要です。また腸内環境も肌に影響しますので、便秘の人は特に注意が必要です。そのためには食生活の見直しが大切で、特に食物繊維をたくさん摂取することです。リンゴや海草類やごぼうなどを食べると腸内環境が良くなり、美白効果にもつながります。